名称に似合わずバイナリーオプションは超簡単!

投資にしろギャンブルにしろ、勝つために色々検索すると小難しい文字があります。
たとえば株でしたら単元株だとかパチンコ・パチスロなら釘や期待値などややこしいことを知る必要があります。一方、バイナリーオプションはどうでしょうか。
名称はカタカナでピンとこないと思います。なにやらFXより難しいのではないだろうか、そう感じるのが普通でしょう。

では、バイナリーオプションをコイントスゲームだと置き換えると難しく感じますか。
コイントスとはコインの裏か表か予想して賭けるゲーム性でとてもシンプルですよね。実は、バイナリーオプションはそのことと同一なのです。

為替相場の動きにおいて円高か円安かを予測する二者択一のな取引のこと。正確なレート価格を自分で考える必要もなく、数分後・数時間後の為替レート価格が円安か円高になるかのか2択で選んで予測するだけです。FX業者によっては100~1,000円程度の資金から始めることもできるので、これからFX投資をしたことがない方でもわかりやすい投資です。
参考:バイナリーオプションができるFX業者 / バイナリーオプション比較.com

上か下かってことは、つまりどれだけ運のない人でも長い目で見れば必ず1/2におさまります。
逆に言えば戦略を形成し、ほんの少しでもたとえば勝率51%あればトータルで勝つことが可能です。

しかも満期の場合ですが、FXのようにスプレッド分を証券会社に取られることもなく、かなりお得なのがバイナリーオプションなのです。

上がるか下がるかを単純に予想するバイナリーオプション

バイナリーオプションは敷居も低く参入しやすいのが特徴となっています。
ルールも単純明快となっているので簡単に理解することができるのもいいと思います。

結局は上がるか下がるかを予想するだけなので、単純明快なのです。
基本的には数時間後のレートが今より上にあるのか、下にあるのかを事前に予想して、予想レートに対する権利を購入する形になっています。

初心者の方などは、判定時間ギリギリのものを選んでも良いと思いますし、大きく利益を得ようと思う場合にはスタート直後からエントリーするのもいいと思います。

このバイナリーオプションは基本的には損失も利益幅も決まっているので、大きく負けたり勝ったりすることが少ないため、安全性の高い金融商品だと思います。

賭けた金額以上に勝ったり負けたりしないため、管理なども簡単にできます。
為替の場合だと思った以上に相場が逆行して、大きな損失を被ることもありますが、バイナリーオプションは最初に賭けた賭け金以上に損失がでないのが良いところです。

大失敗だがいい勉強になった

何か手軽に副業はできないかと思い飛び付いたのが
バイナリーオプション。
海外の2社を使用し、結果はマイナス30万円程。

実際に利用して思ったのが、非常にギャンブル性が
高く、素人目から見ると運の要素が強いと思ったのが率直な感想です。
登録もスマホで簡単にでき、入金もクレジットカードで即反映もされ
外れてもベットした金額しか負債にならないとのことだったので
気軽に始めましたがまぁそんなに簡単に利益は出せないですよね。
インターネット上に溢れている様々な情報や攻略法なども
試してみましたが、上手くいったことは数える程です。

バイナリーで利益が出た時も
感というか、思惑通りに勝てた時がほとんど無く
たまたまと思ってます。

負債が重なった最後の方は勝率5割なんだからと
ギャンブルとしてしか見れなかったです。
自分には向いてなかっただけで、
バイナリーを否定する気はありませんが
しっかりと前準備や知識が必要だったと思います。

私生活でも常にバイナリーが気になったりと
かなりのめり込んでしまってましたね。

バイナリーオプションでは大胆な取引が可能になる。

バイナリーオプションは為替相場の水準を予想する取引方法です。
このバイナリーオプションと従来のFX取引との最大の違いは取引に際するコストの差にあります。
従来のFX取引では新規注文から決済注文のすべてを投資家が自ら行う必要がありました。
そこでFX取引では投資家の判断ミスにより含み損が膨らみ、想定しない損失を被る可能性がありました。しかしバイナリーオプションは取引に際してチケットという参加費を支払うのみです。
たとえ予想に失敗したとしてもチケット代以上の損失が発生することはありません。つまり、バイナリーオプションでは含み損が存在しないのです。

このように含み損が存在しないバイナリーオプションの特徴を利用すると、大胆な取引が可能になってきます。
たとえば相場が大きく動きそうなところで、一か八かの取引をしかけるのです。

アメリカ雇用統計の発表時など、相場が大きく動くことがあります。そんな時、従来のFX取引では不要に含み損が膨らむ可能性があるため大胆な取引が困難でした。

しかしバイナリーオプションではチケット代に損失が限定されるため、相場が大きく動くところを狙って大胆な取引をし、大きな収益を狙うということが可能となるのです。

バイナリーオプションなら私はワンタッチ派

日本のバイナリーオプションでは、判定時刻に自分の購入した価格からレートが上か下かを予想するハイ&ローが一般的です。

ですが、海外のバイナリーオプション業者に相次いで、最近では日本でも目的の価格に1度でもタッチすれば払い戻しを受けられるというワンタッチオプションを取り扱っている業者がでてくるようになりました。

バイナリーオプションをやるとしたら私ならワンタッチオプションです。日本業者でワンタッチを提供しているところはFXプライム、IG証券です。
私は、FXをやっていてリスク管理の難しさを痛感することがたくさんあります。
一度は損切りを決意するも、損したくないという気持ちが上回り、損切りをずらしてしまったりします。

だけど、バイナリーオプションは損切りに悩むことはありません。判定時刻に勝ちか負けかすべてが決まるので、あとは待っていればいいので気楽です。

FXと違ってあまり動かない相場でもバイナリーオプションは利益にすることができるので助かります。

今流行りのバイナリーオプション

今巷で話題にあるバイナリーオプションは、外国為替証拠金取引、FXと呼ばれるものです。
FXをやったことない人でもバイナリーオプションは値段が下がるか上がるかの、ハイ&ロー、どちらかを予想するだけなので初心者でも取引が手軽にできるというのが魅力です。
しかし最近バイナリーオプションの業者の中では悪徳業者も増えてきて国民生活センターへ苦情などが寄せられているそうです。業者を選ぶのを間違えると自分の大切な財産がなくなってしまう恐れもあります。業者選びは重要になります。

特に海外のバイナリーは気をつけなければなりません。消費生活センターでは実態のないバイナリーオプション業者を公表しているようなので安全のバイナリーオプションを始めるためにも下調べはきちんとしておいた方がよいと思います。

バイナリーはハイ&ローを予想して自分が予想したものが当たれば自分のかけた額に上乗せで戻ってきますが予想が外れた場合は、かけた金額のみが損になります。

自分がかけた金額以上は損しないといっても高額かけるのはリスクがあります。充分納得した上で始めなければいけないと思います。

トレンド以外の緩やかな相場でBO取引

毎日少しずつですがバイナリーオプションで稼げるようになってきて、欲しいものを買うのにあまり考えずに衝動的に購入してもあとから後悔しないくらいには取引で利益を得ることができているので充実した日々をすごせるようになりました。

バイナリーオプションは一定時間経過後の方向を当てることが重要だからトレンドを読めるかどうかが一般的には大切だと言われているけれど、私の場合はあえてトレンド相場で勝負せずにレンジ相場を形成しやすい時間帯を好んで取引しています。

取引間隔の短さゆえに長いローソク足を見てその方向を信用しても短期的な上下の揺さぶりまでは予測できないですし、目先の値動きを深く考えずに追っていけば意外に勝つことが多いのでレンジ内でどちらに偏った動きをしているかというのを見ているのです。

レンジが続く相場だと必然的に材料の乏しい場合が多いから、相場が急変して今までの予想と反対方向に価格が一気に進んでしまうリスクがかなり下がることもあり、動かない相場以外で勝負にでることはなくなって成績が改善しました。

業者の儲けは微々たるもの

バイナリーオプションは負けている方から利益を取ることになり、勝っている方には会社が損をしてでもお金を支払わなければなりません。実はバイナリーオプションによって得られる利益というのは微々たるものであり、業者側としてはあまり設けが期待できません。特に国内のバイナリーは、あまり金額も高くないため、更に利益が出ません。

業者側がバイナリーオプションを行っている理由には、もっと多くの人に挑戦して貰いたいという願いがあるからです。そのため多少損失を計上してでも、取引を行っていくことになります。バイナリーオプションが多くの方に浸透することで、更に利益増加を狙っていく方法です。

海外なら利益はできるかもしれませんが、国内の業者はそこまで利益を望んでいるわけでもありません。
利益は全ての人が取引している金額の1割未満になってしまうことも多く、その金額でとりあえずバイナリーオプションを維持しているのが現状です。

それでも結構大きなことは確かです。